【Flower Stories#031】ジョゼフィーヌの塩対応

二人にとって、若き日の思い出



Acanthus Achilles Angela Apollon Dahlia Flowerstories flowerstories365 Hydrangea Rosastories Viola アイリス アカンサス アキレウス アジサイ アポロン アヤメ イーリス エディブルフラワー オリジナルストーリー ギリシア神話 クリスマスローズ サルスベリ シーボルト ジョゼフィーヌ スイレン ゼウス ダリア チューリップ ナポレオン ニオイスミレ ネリネ バラ パンジー フラワーストーリーズ ヘラ ペチュニア モネ ロサストーリーズ 伝説 史実 楠本滝 熱帯スイレン 百日紅 花言葉 花言葉Stories

ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネという人物

ダリアやニオイスミレの話に登場する、ナポレオンの妻、ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネさんについて少し。

1763年6月23日生まれ、貴族出身の彼女は、ナポレオン・ボナパルトの最初の妻であり、フランス皇后になった方です。

Madame Bonaparte at Malmaison

美しい美貌に天真爛漫な性格。で、一応貴族の出ですが、田舎の方の出身で、もしかしたら背伸びしたかったのかもしれませんが、お金遣いの荒く浪費家で生活は困窮していたようです。

なんといっても、「恋多き女性」。 フランス革命時に、彼女はいろいろあって捕まってしまったのですが、投獄中、隣の監獄に入っていた将軍ルイ=ラザール・オッシュと恋愛してしまったというくらい。
その後も、その美貌と持ち前の度胸で、愛人になりまくっていたみたいです。ジョゼフィーヌは、16歳で1度目の結婚、2人の子供を授かり、20歳で離婚、未亡人という状態でした。とにかくその美貌と、おそらくノリがよかったのでしょう、社交界のスターの一人となって「陽気な未亡人」と呼ばれていました。

1789年、フランス革命がはじまります。
ジョゼフィーヌは、1794年のテルミドールのクーデターを経て、当時のフランス行政を掌握していた総裁政府のリーダー格ポールバラスの愛人となりました。ジョゼフィーヌがナポレオンと出会ったのは、バラスの愛人になっていたころのこと。

ナポレオンからの猛アプローチの末、1796年、ついにジョゼフィーヌはナポレオンと結婚します。バラスもジョゼフィーヌに飽きていた頃だったようで、ジョゼフィーヌとっては渋々の結婚だったようです。ナポレオンは彼女の6歳年下でしたし。

最初はナポレオンの方がジョゼフィーヌを好きで好きでたまらない、といった状態でした。ところが、ジョゼフィーヌの方はそうでもなく、ナポレオンからもらったラブレターを友人に見せて、笑いをとっていたといいますから、ナポレオンも可哀そうです。この頃のジョゼフィーヌは、ナポレオンの事を完全につまらない男と思っていたようです。

ずっとナポレオンの一方通行かというとそうでもなく、ある時、ナポレオンがジョゼフィーヌの天真爛漫、自由奔放な行動に愛想が尽きて、本気で離婚を決意したことがありました。それ以降、ジョゼフィーヌは徐々にナポレオンに真摯に向き合うようになっていったと言います。逆にナポレオンの方がジョゼフィーヌラブじゃなくなっていったようで…。逃げれば追いたくなる、追われれば逃げたくなる。。。人の性の一つですね。

1804年、ナポレオンが皇帝に即位すると、もちろんジョゼフィーヌは皇后陛下に。しかし、二人の間には嫡子を授かることなく、それが元となり、1810年ついに離婚することになってしまいました。このころのジョゼフィーヌは、ナポレオンの事を本当に愛していたので、この離婚には大変ショックで、執り行われた離婚式では歩けないほどだったようですね。

その後は、パリ郊外のマルメゾン城で余生を送ることになったジョゼフィーヌですが、ナポレオンもよくそこに訪れ、ジョゼフィーヌにいろいろと悩みを相談していたようです。お互いよい距離感になったおかげか、よい相談相手、話し相手として、高い信頼関係を築いていたみたいですよ。

1814年、ナポレオンが第六次対仏大同盟諸国との戦争に敗れ、エルバ島へ島流しになると、マルメゾン城でのジョゼフィーヌは、非常に落ち込みます。1815年、ふたたびパリに帰還するナポレオンを待たずに、肺炎で亡くなりました。50歳でした。

彼女の最期の言葉は、「ボナパルト、ローマ王、エルバ島…」
そして、ナポレオンの最期の言葉、「フランス、陸軍、陸軍総帥、ジョゼフィーヌ…」 この言葉に、二人の間の強い絆といいますか、いろいろあったけどやっぱり最後は、、、というような深い関係性を感じます。

浮気や愛人歴などをみると純愛には程遠く感じるジョゼフィーヌですが、マルメゾン城でのナポレオンとの“純愛”を実感しながら幸せな余生を送ることができていたのでしょうね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。